2020年最新レーティング上位棋士の総合順位TOP10

将棋棋士の現在の棋力(強さ)を表す指標の一つに棋士レーティングがあるが、現時点のプロ棋士のレーティングにおいて、どのような棋士が上位にいるかを調査した。

※「将棋棋士レーティング」は連盟等により公式に発表されているものではなく、有志によって独自に算出されているものである。

棋士のレーティングを計算しているサイトはいくつか存在し、計算は主に”イロレーティング”の算出方法を元にしており、細かい条件の違いによって算出される棋士のレーティング値はサイトによって異なっている

詳しくは「イロレーティング – Wikipedia」を参照。

ここでは以下3つの各サイトの最新レーティング情報を元に、総合したレーティング上位棋士の独自ランキングTOP10を算出した。

A:将棋連盟 棋士別成績一覧

B:shogidata.info -将棋のデータベースサイト-

C:将棋棋士成績DB

【最新棋士総合レーティングTOP10】

総合順位 名前 Rating-A Rating-B Rating-C 平均レート
1位 藤井聡太棋聖 1984 1977 2049 2004
2位 渡辺明二冠 1948 1936 1975 1953
3位 永瀬拓矢二冠 1945 1936 1963 1948
4位 豊島将之二冠 1913 1900 1988 1934
5位 千田翔太七段 1853 1840 1876 1857
6位 羽生善治九段 1828 1817 1859 1835
7位 斎藤慎太郎八段 1808 1795 1855 1819
8位 菅井竜也八段 1812 1802 1832 1816
9位 佐々木大地五段 1802 1794 1848 1815
10位 木村一基王位 1798 1783 1826 1802
全棋士平均 1500 1500 1500 1500

史上最年少タイトルの棋聖を獲得し、王位戦にも挑戦中の藤井聡太棋聖が平均2000超の高レートで第1位となっている。王将・棋王の2タイトルを保持している渡辺明二冠が第2位、叡王・王座を保持している永瀬拓矢二冠が第3位につけている。

レーティングTOP10の上位棋士は、いずれの棋戦でも高勝率を誇り、安定して各棋戦で好成績を上げていることが分かる。